画像入りよくわかるPCMAXの登録手順スマホ編

出会い系サイトの中でも、15年以上の運営実績があり、数多くの出会いがあるのがPCMAXです。街の中にデカイ看板で宣伝したり、雑誌でも派手に宣伝しているので、見たことある方も多いでしょう。

会員数も最大で1000万人以上います。とくに注目したいのは1日でログインするアクテイヴユーザーが30万人以上、書き込みが3万件を超えるという点です。あなたがサイト内でメールを送ったら、即日見てもらえる可能性が高くなります。それだけ出会いまでの時間が短縮できるというとです。

またPCMAXにはサクラはいません。1000万人以上の会員数と1日30万人以上がりようしているので、サクラは必要ないです。会員獲得のため広告費が年間10億円です。サクラなんて迷惑で無駄なものを使っていたら信用が下がってしまいます。

PCMAXの登録方法。簡単にできる

それでは登録方法を説明していきます。まずはじめに断っておきますが、PCMAXは18歳以上でなければ利用できません。R18です。

準備するもの

  • スマホもしくはタブレットかパソコン
  • 免許証またはクレジットカード

以上を用意したら18歳以上の方は、PCMAXの公式サイト(18禁)に進んでください。ここではスマホの画面で説明します。

トップページにアクセスすると、会員登録かログインどちらか選択できます。新規登録が選択していることを確認したら、性別やニックネームなどスクロールして記入していきます。

ニックネームはサイト内で使うので、呼びやすい物にしましょう。利用目的は一応全部選択します。都道府県、生年月日、暗証番号を記入します。暗証番号は忘れないようにメモしておくといいです。

ここまで記入したら無料会員登録をタップします。

空メールの送信を求められますので、「空メールを送信する」をタップします。gmail推奨と書いてあったので、管理人はgmailにしました。キャリアメールだとhtmlの受信設定が少々大変そうです。

gmailが起動したら、そのまま何もせずにメールを送信します。送信は黒く囲んだ部分をタップします。

メールを送って5秒ほどしてから、「次へ進む」をタップします。これでステップ1は完了です。

画面が進むとアピール文章の入力画面に進みます。登録後も修正できますが、登録後すぐに女性がみてくれる場合があるので、しっかりしたものを入力します。

文章を入力して、次に進むと「ID番号」と「暗証番号」が発行されます。ID番号と暗証番号はログインの時に使いますので、メモを取るかスクショして保存してください。保存したら「次へ:年齢を確認する」をタップします。

PCMAXの年齢承認。2つのやり方があります。

PCMAXの年齢承認には、クレジットカードを利用した方法と免許証で確認する方法と2通りあります。どちらがいいとは言えませんが、簡単なのはクレジットカードでの確認です。

後で遊ぶことを考えたら、クレジットカードでいくらかポイントを購入しておくのもいいと思います。管理人は免許証の画像を提出するのが、いやだったのでクレジットカードで1000円分のポイントを買いました。

年齢を確認するとタップすると、年齢承認の画面に変わります。あなたが18歳以上ならば、「はい、18歳以上です」をタップします。注)PC★MAXは18歳以上でなければ利用できません。

クレジットカードを利用した年齢承認

はじめにクレジットカードを利用した年齢承認を紹介します。手間を考えると、身分証明書を利用した方法よりも楽です。

前の画面で「はい、18歳以上です」を選択するとこちらの画面になります。ここでは「クレジットで確認する」を選択します。身分証明書を選択する場合は下にスクロールです。

クレジットカードの入力画面です。必要項目をカードを見ながら名前を入力していきます。間違えないように注意します。

ポイントの購入金額ですが、10ポイント100円から購入できます。また年齢承認をすると20ポイントもらえます。管理人は後で遊ぶことを考え1000円分120ポイント購入しました。

購入金額を決定して購入したら、カード番号や有効期限などの情報を入力します。また入力が面倒な場合はスマホのカメラでスキャンできます。

カード情報と購入金額の確認画面になります。ここで確認をすると決済完了です。その後カード会社からメールが送られてきます。

クレジットの決済名「BIGSUN」という会社です。PC★MAXではありません。あなたが既婚者でもバレる心配がありません。メールにはログインURLが記載されてあります。ここをタップしてログインできます。

これで年齢承認完了です。

身分証明書を使った年齢承認方法

身分証明書を使った年齢確認方法を紹介します。身分証明書として使えるものは運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、年金手帳共済組合員証、外国人登録証明書在留カードとなります。

ここでは、一般的で、サイトにもやり方が掲載されている、運転免許証を使った方法を紹介します。

まずは免許証の写真を撮ります。取り方はサイトにも書いてある通り、必要ではな部分を紙などで隠します。

下は管理人が実際に撮った写真です。撮影はスマホでしました。スマホからすぐに添付できるので楽です。紙で隠したため、フォトショップなどで、加工する透けて見えそうなので、実際の写真を塗りつぶししています。生年月日、運転免許証、公安委員会の部分はわかります。

画像を撮影したら、必要意外の個人情報を隠しているか確認します。隠しきれていなければ、撮影しなおします。

次に「ファイルを選択」を確認し、先ほど撮影した、スマホ内の写真を選択します。その後写真を送信します。以上で完了となります。この画面は1画面で縦長です。最後に縦長の画像を1枚の画像にしたので、参考にしてください。

以上になります。

>>>PCMAX(18禁)に無料登録する>>>

おすすめの記事